オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住宅の購入なら

マンション

住宅を購入すると言っても建売りか注文住宅、または中古住宅などもありますから選択には困るものです。
ただ、自分だけの住宅にしたいというのであれば、注文住宅はオリジナリティ溢れる住宅を建築できるので良いかもしれません。
注文住宅は建築メーカーに依頼をすることも良いですが、完全オリジナルな住宅にしたいというのであれば、設計事務所に依頼をすることも良いかもしれません。
注文住宅の一戸建てを建てるのに設計事務所に依頼をする場合は、具体的にどのような住宅にしたいのかを詳細に至るまできちんと話し合うことが大切になります。

中古を購入する方法

緑の中の豪邸

注文住宅の一戸建ての場合、仕上げに至るまでの部材を全て文字通り注文できるものですから、自分が納得できる住宅にすることが出来る反面、コストが高くなるかもしれない一面もあります。
そのため、ある程度は妥協しながら進めていくということも重要になります。
一戸建ての購入でコストが気になる場合は、中古住宅を購入するという方法もあります。
中古住宅は不動産会社などで販売されておりますので、不動産会社のホームページから検索をすることで手間なく探すことができます。
不動産会社のホームページでは、中古物件を絞り込んで検索をすることができますので、例えば価格や、築年数などで探すことも出来るようになっていますので、コストを抑えて一戸建ての購入をしたい方には中古住宅を不動産会社から購入するのも良いかもしれません。
住宅の購入には色々とありますから、自分のライフスタイルと照らし合わせてよりマッチしたものを購入することが良いでしょう。

注文住宅を建てるなら

青空とオレンジ屋根の家

不動産を思い浮かべたとき、夢の一戸建てマイホームを思い浮かべる人は多いと思います。
一戸建てを建てるときに迷うのが建売住宅か注文住宅どちらの不動産にするかだと思います。
購入価格で比べると建売住宅のほうが安く感じられますが、長期的に見て不動産の資産価値が高いのは注文住宅です。

失敗しない為に

奇麗な芝生と家

注文住宅は時間と手間をかけ、ライフスタイルにあわせて設計していくので長く住めオリジナリティーにあふれているため一戸建てとしての不動産価値が高いのです。
注文住宅を建てる場合、間取りを考えられるメリットはありますが、慎重に検討しないと大きな失敗を招いてしまうので、失敗しない為に5つの要素から考えていきましょう。

5つの要素とは

ラベンダーと家

1、土地の形状を把握し、土地の性格と周囲の環境にあった間取りを考えます。
土地は狭いのか広いのか、傾斜地なのか平坦地なのか、東西南北の方角などを把握します。
2、光の射さない家、風の抜けない家は暗く沈んでしまい、体にも心にもよくないうえ、冷暖房など経済面でもよくないので、光と風の通り道を調べます。
住宅密集地であっても中庭やコートテラスを設けるなどの工夫をすれば風や光は取り込むことが可能です。
3、周囲の環境を把握し、視線や騒音、匂いなどへの配慮をします。
4、地震や強風に強い構造を考えます。
5、生活動線を考えます。
1階に手を洗う場所を作らなくて失敗した、廊下のないオープンな間取りは開放的だが来客中はお風呂に入るのに困るなど見た目が良くても実際に生活することを考えてた間取りでないと住みやすい家にはなりません。
以上のことをふまえ家族全員で意見をリストアップすれば優先順位も明確になり、失敗しない一戸建てが建てられます。